夫婦・恋人仲の回復

バイアグラの服用は体内にだけではなく心理的な状態まで変化をもたらします。永遠を誓った夫婦・恋人の仲が男性的な機能の不全により破綻するということはよく聞く話です。この重大な問題をバイアグラが勃起不全治を改善し解決に導いてくれることが多いのです。さて、例えば子どもが欲しい夫婦がいたとします。しかし、夫が勃起不全で子作りが難しいとします。その時、バイアグラを服用し、子作りをしても大丈夫なのかという疑問は少なくないことでしょう。これに関しまして一切問題がありません。バイアグラは血の流れをよくする薬なので実際に服用しても精子に影響を与えることはないということは実験のデータから検証されています。もし、子作りに対するプレッシャーにより、勃起不全になっているとしたらバイアグラは遺憾なく発揮してくれることでしょう。

服用につきましては性行為を行う30分から1時間前に服用されると効力を発揮しやすいです。継続的な利用で勃起不全の障害を改善することができます。それから、バイアグラの効果を最大限に発揮するためには食事やアルコール摂取の後の服用は避けましょう。なるべく空腹の状態での服用をお薦めいたします。基本的には1日1錠以上の服用は禁止されています。なぜなら、飲み過ぎると効力向上の期待はできますが、血圧が下がりすぎ健康状態に異常をきたす可能性があるあらです。服用の際は用法用量を厳守しましょう。

参考資料《http://ed-medication.com/viagra/
…バイアグラの成分や効果・効能について解説しているED治療 お薬情報ナビ

バイアグラの効力

まずバイアグラの効力について理解しておかなければいけない点があります。勃起のメカニズムとしては、何かの刺激で性的な興奮状態になり脳が刺激を感じ陰茎にそれを伝達し勃起します。あくまでバイアグラは他の性的な興奮を促進する薬とは違います。体内のメカニズムに作用します。陰茎の海綿体平滑の緊張を和らげ血の流れを良くして勃起を促します。また、人間の身体中には勃起をコントロールする酸素があります。この酸素の働きを妨げることで勃起を促進しているのです。また、バイアグラを服用後、性的な刺激がなければ勃起が継続したままになるわけではありません。尚、女性が服用しても陰茎がないため、その効力は発揮されません。

上記の効力はシルデナフィルという成分によりもたらされます。シルデナフィルはバイアグラの主成分で含有量により商品名が変わります。含有量25mgなら「バイアグラ25mg」、50mgなら「バイアグラ50mg」となるわけです。現在日本では25mgと50mgが処方されております。100mgもありますが、海外でのみ販売が承認されている状態です。もし、100mgを入手したい場合は個人輸入業者を利用で購入可能とされています。

バイアグラとは

バイアグラとは、世界でも最も有名な勃起不全治療薬です。元々は血圧を下げるために作られた薬でしたが、さまざまな効能が認められ男性の機能不全を改善する薬として認知されるようになりました。

バイアグラが処方されるようになり、ED治療は劇的に変化しました。従来の治療は医師に局部を見せなければならないこともあり、機能不全の悩みを抱えながらも中々病院に足を運べない患者も多数いました。患者にとってバイアグラの登場は革命といえるものでした。

初めはアメリカで発売され、バイアグラの噂はあっという間に日本にも広がりました。悩みを持つ人達はこぞって個人輸入業者を経由し購入しました。もちろん、使用する上での注意点や服用する用量の説明を受けていないためトラブルが相次ぎました。心臓病の治療薬や血圧を下げる薬などと併用し最悪の場合は死に至ります。重大な被害が続いたため日本国内でも製造販売をできるようにし被害増大に歯止めをかけなければいけない状況でした。深刻な問題として捉えられていたこともあり、バイアグラの製造販売は直ぐに認可されました。

今ではバイアグラの物質特許・用途特許の期間が満了したため、厚生省の承認を得ることができれば、後発医薬品いわゆるジェネリック薬品の販売が可能です。国内大手のメーカーでも続々とジェネリック薬品が発売されました。厚生省から承認をされていることもあり効力についてはバイアグラと同等になります。